企業理念と事業内容
ワンセルのコアビジネスのコンセプトは、
		「組織再生や体質改善を促す機能性分子を含む商品群の開発・製造・販売」
	です。

ワンセルのミッション

  • ワンセルは、健康な暮らしのための新しい医療の提供を目指している企業です。
  • 完治医療、終末期医療、緩和医療、予防医療の分野での新しい医療の実現化をめざしています。

事業内容

  • 1. 組織再生や体質改善を促すバイオ製品の開発、製造、販売

    糖尿病、がん、認知症などの難治性疾患の完治医療・終末期医療・緩和医療、予防医療

  • 2. 画期的なバイオ基盤技術の開拓

    再生医療に必要な基盤技術を開拓します。

  • 3. バイオ技術の受託・支援事業

    再生医療に進出を検討している企業のコンサルタント支援事業と受託事業を行います。

再生医療の現状と未来

再生医療の現状と未来

近年、自己複製能力と組織細胞への分化能力を持った「幹細胞」の研究が飛躍的に進み、この細胞を利用しての疾患、外傷、老化の克服に大きな期待が持たれています。

プラナリアは渓流の石にへばり付いている、長さが2-3ミリの小さな生き物ですが、体の30%の細胞が幹細胞だそうです。9つに切っても,9つの断片は全て固体まで再生するそうです。

人類はこのような再生能力をいつから失ったのか?

おそらく体の機能の向上を目一杯追及してきた進化の賜物のため、プラナリアのように多数の幹細胞が体内に存在し得なかったのかもしれません。

しかし、漫画家の手塚治虫氏が名作「火の鳥」で描いていますように、未来の人類は幹細胞をうまく制御して、 たった一つの細胞から手足を作ることだって可能かもしれません

再生医療の現状と未来

幹細胞にはそのような秘めた可能性があると考えています。ただし,再生医療が実現化するためには、 月に人類を送り込むような段階的な取り組みが必要だと思っています

我々の持っている知識はまだまだ初歩的段階です。 しかし、幹細胞の増殖と分化の制御に目処がつき、3次元の臓器再生が可能になれば、人類は不死鳥のような再生活力を得て、今は悩める多くの人々が、疾患、外傷、老化を克服するだろうと思います。